ボディメイク

脂肪は一日でどれだけ減る?ツールを使って1分で計算してみよう

「1日で脂肪はどれだけ落とせるの?」

と、誰もが一度は疑問に思ったことがあるはず。

今回は、ニューメキシコ大学の研究などから「1日でどれだけ脂肪は減らせるのか」の計算方法についてご紹介。

記事の最後には”1日で減らせる脂肪量”が簡単に計算できるツールがついているので、実際に計算してみよう。

全てのマイナスカロリーが脂肪燃焼につながるわけではない

まず初めに、仮に一日全く食事を取らなかったとしても、消費カロリー分まるまる脂肪が減るわけではない。

というのも、実は1日で脂肪から引き出せるエネルギーには限界があるのである。脂肪をエネルギーに変換する仕事は酵素が行うので、当然その効率にも限界がある。

もしそれ以上にマイナスカロリーにしても、体は脂肪からエネルギーを取り出せないので、筋肉を分解してエネルギーにしてしまう。

実際に、この問題について詳しく調べたのが、2005年のニューメキシコ大学の研究。(R)

この研究では、それまでに行われた肥満研究をもとに「1日でどれだけ脂肪からエネルギーを引き出せるか?」を計算。すると、実際に”1日あたりの体脂肪から引き出せるエネルギー”が判明した。

脂肪から引きだせるエネルギーの限界は”体脂肪1kgあたり69kcal”!

この数値以上にマイナスカロリーにしても、脂肪のエネルギー供給能力を超えてしまい、ただただ筋肉が分解されることがわかったのである。

実際にどれだけ脂肪が燃やせるか計算してみよう

それでは、実際にどれだけの脂肪が燃やせるのか計算例を見てみよう。

例えば、体重70kgで体脂肪率20%の男性だった場合、この男性の体脂肪量は

”70×0.2=14kg"

である。

なので、先程の研究結果から、1日で脂肪から引きだせるエネルギー量は

”69[kcal/kg] × 14[kg] = 966kcal"

になる。

ここで、体脂肪量1kgあたりを燃やすために7200kcalのエネルギーが必要だとすると、1日で減らせる脂肪の量は

”966kcal / 7200kcal=0.134kg"

となるので、結果は以下の通り。

この男性は、1日あたり”966kcal”のマイナスカロリーで”134g”の脂肪を燃やすのが限界!

この数値は、直感的に考えてもかなり妥当な感じがするなかなかいい数字に落ち着いた。

要するに、この男性は最大でも1日に966kcalのマイナスカロリーで抑えるべき。

仮にそれ以上にマイナスカロリーを作り出しても、筋肉が分解されるだけで何のメリットもないと言えるだろう。

まとめ

よく「食べなさ過ぎは良くない」と言われるが、これは本当の話で、いくら急いでカロリー制限をしまくっても、減っていくのは脂肪ではなく筋肉である。

実際に自分が1日にどれだけ脂肪が燃やせるのか知りたい方は、ぜひ以下のツールを使って計算してみてほしい。