ボディメイク

筋トレのアフターバーンはどれくらい?その効果はたった7キロカロリーです

「筋トレ後はアフターバーン効果で消費カロリーがアップする!」

というのはよく聞く話だが、これは本当だろうか?

今回は、論文から『筋トレによる代謝UP効果はどれくらいなのか?』という話。

実は、筋トレをしたあとに上がるエネルギー量はたった7kcalなのである。

筋トレによる代謝アップ効果は、わずか”7.43kcal"

今回紹介するのは2019年のテキサス大学による研究。(R)

被験者となったのは男女52人で、被験者たちには42-56分の筋トレをしてもらい、筋トレ中と筋トレ後の消費カロリーを計測。

『筋トレでどれくらい代謝がアップするのか?』を調べるのが目的なのだが、結果として以下のようなことがわかった。

  • 筋トレ直後は使用エネルギー量が2倍くらいに増えるが、20分もしないうちに元に戻った!
  • 筋トレ後の代謝アップによる消費カロリーは、わずか”7.43kcal"だった!

確かに筋トレ後に代謝が上がるはするが、その代謝アップ効果はほとんど無視できるほど小さかったのである。

実際に、筋トレ終了後30分にわたるエネルギー消費のグラフが以下。

筋トレ直後の数分は消費エネルギーが爆発的に増えているが、たった10分もすれば代謝は戻っていることがわかる。

ちなみに、この研究における筋トレそのものによるエネルギー消費も含めた消費カロリーは”男性161kcal&女性87kcal”だったことが報告されている。

筋トレによるアフターバーン効果である7kcalは、無視して良いくらい微々たるものでしかないのである。

まとめ

研究者は以下のように結論している。

”筋トレ後の代謝アップが36時間続く”という者もいれば、”20分以内で戻る”とする研究もある。今回の研究では、その効果はわずか7.4kcalであり、20分以内に元に戻ることが分かった。これらの結果から、カロリー消費における筋トレの代謝アップは無視できるほど小さいと言える。

筋トレ自体はそれなりにカロリーを消費するし、アフターバーン効果で直後に代謝が上がるのも事実。

とはいえ、その効果は微々たるもの。特別アフターバーン効果に騒ぐ必要もないだろう。参考までにどうぞ。