ボディメイク

ダイエットでドカ食いがやめられないのは善悪で食べ物を分類しているから

「ダイエット中はついドカ食いをしてしまう。」

そんな風に悩んでいる人は多いだろう。しかし、なぜダイエットしているとドカ食いしたくなるのだろうか?

今回は、論文から「ジャンクフードを断ち切ろうとする人ほどむしろドカ食いする」という話。

ダイエット中にドカ食いがやめられない理由、それはジャンクフードを悪いものとみなし禁止しようとすることが原因なのである。

「ジャンクフード=悪」と考えている人ほど、むしろ太っていた

突然だが、ここで問題。

「ジャンクフードを悪い食べ物」
「ダイエット中はジャンクフードは一切禁止」

このように考えている人は痩せていると思うだろうか?もちろんジャンクフードを悪いと思っているので食べないはず。それなら痩せているのが普通では?

ところがどっこい、こういう考えの人はむしろ肥満なことが多いことがわかっている。

というのも、このような考えを持った人はジャンクフードを食べないどころか、むしろジャンクフードのドカ食い欲求に苛まれているのである。

実際に、多くの研究で”食べ物を良い/悪い”の2分思考で考えている人ほど、ドカ食い欲求に苛まれており、実際にBMIが高いことが報告されている。(R,R,R)

一方で、食べ物を”良い/悪い"で考えない人、つまりジャンクフードを悪い食べ物とみなしていないほど痩せていたのである。

この結果は、ダイエットをしたことがある人にとっては、そこまで意外なものではないだろう。ヒトは禁止されるほどに欲求が湧いてくる、つまりジャンクフードを禁止しようとするほどドカ食い欲求に苛まれるのである。

その結果、ドカ食いをしてしまうことでBMIは高く太っているという傾向があるのである。

ドカ食いを防ぐには、ジャンクフードとうまく付き合うしかない

ダイエット中でも、ジャンクフードを一切禁止する必要はない。

むしろ、日常的にジャンクフードとうまく付き合う方法を習得することで、ドカ食い欲求から解放される。

「ジャンクフードを食べたい!」と感じたときに、食べちゃダメと思うと、かえって食べたくなっていただろう。

さらには、予定外にお土産などでお菓子を食べよう物なら、「ジャンクフード食べちゃったし、今日はもうダイエットはいいや!」となり、急激にドカ食いしてしまったこともあるだろう。

これらはすべて、ジャンクフードを禁止しようとするから起きる現象である。

ジャンクフードを禁止しようとすると「明日からジャンクフードを食べれないから、今日のうちにジャンクフードを食べておこう!」という考えに頭が支配され、お腹がいっぱいなのにドカ食いする。

そして、次の日からダイエットが始まるかと思いきや、またドカ食い欲求に苛まれる...と無限ループに陥ってしまう。

なので、ジャンクフードは禁止するのではなく、うまく付き合っていく方法を身につける必要がある。

ジャンクフードはそもそも肥満と関係ない

そもそも、ジャンクフードは悪い食べ物ではない。肥満とは関係ないとする研究もある。(R)

どんな食べ物でも、結局のところ食べ過ぎれば太るし、あまり食べなければ痩せるのである。

ジャンクフードを禁止しようとしてむしろドカ食いをしていたという人は、以下の記事に詳しい対策法が書いてある。私自身がドカ食い地獄のループから抜け出した方法でもあるので、是非一度読んでみてほしい。