ボディメイク

糖質と脂質、太るのはどっち?3週間の食べ過ぎ研究からみる太りやすさ

「糖質と脂質どちらを食べたほうが太らないんだろう?」

これはダイエットをしたことがある人なら一度は考えたことがあるだろう。

今回は「糖質を食べ過ぎる vs 脂質を食べ過ぎる」の太りやすさを比較した研究をご紹介。

つまらない結論だが、どちらも食べ過ぎれば同じくらい太ることが判明したのである。

糖質か脂質ばかりを3週間食べすぎてもらった

今回紹介するのは2000年に行われた研究。(R)

この研究では20人の被験者を2つのグループに分けた。

  1. 高糖質:タンパク質11%、脂質11%、糖質78%
  2. 高脂質:タンパク質11%、脂質58%、糖質31%

どちらのグループも1日あたり1200kcalのカロリーオーバー。

普段のカロリーを37%もオーバーした状態で、3週間過ごしてもらったのだ。

そして3週間後に体組成を計測したところ、以下のような結果に。

どちらのグループも体重で1.5kg、筋肉で0.6kg、脂肪で0.9kgの増加だった!

どちらのグループも体重・筋肉・脂肪の全てが増え、その値は全く同じだったのである。

研究者は以下のように言っている。

脂質が多い食事を食べ過ぎても、糖質が多い食事を食べ過ぎても、同じように脂肪は蓄積する。糖質も脂質に変換されてしまうようだ。

糖質も脂質も同じように太るという、なんとも面白くない結論になったのである。

まとめ

脂質を食べても糖質を食べても、食べ過ぎれば同じくらい太る。

やはりダイエットでは糖質や脂質にこだわりすぎなくていいと言えるだろう。参考までにどうぞ。