ボディメイク

ダイエット中にカフェインを飲むなら、タイミングは運動前後と論文で判明

「1gでも多くの脂肪を燃やしたい」

ダイエットをしていると、このような考えが浮かんでくることは多々ある。

もちろんそこで無茶なダイエットをすることはオススメしないが、安全な方法があるなら試したいと思う人は多いだろう。

そこで役に立つのがカフェインである。

カフェインはコーヒーに多く含まれる成分だが、脂肪を燃焼しやすくしたり、リバウンドを防いだりする効果さえある。

今回は『運動前にカフェインを摂取すると脂肪が余計に燃える!』という研究をご紹介。

有酸素運動の前後にカフェインを摂取するだけで、運動によるカロリー消費が増え、脂肪が余分に燃えることが判明したのである。

カフェインの摂取で、脂肪が10g多く燃えた

ダイエットを少しでも効率的、そんなときは運動前にカフェインを摂取するのがいいだろう。

というのも、カフェインには体の代謝を刺激する作用があり、有酸素運動で燃焼される脂肪の量を増やしてくれるのである。

このことを示したのが2014年の研究。(R)

研究者は、14人の被験者を対象にして、以下の条件で『1時間かつ中程度の強度の有酸素運動』をしてもらった。

  • エクササイズの90分前と30分後に”体重×3mgのカフェイン”を摂取する
  • エクササイズの90分前と30分後にプラセボを摂取する

一方のグループには運動の前後にカフェインを摂取させて”カフェインが有酸素運動のダイエット効果を上げるか?”を調べたところ、以下のような結果に。

  • カフェインを摂取したグループのほうが消費カロリーが60kcal多かった!
  • カフェインを摂取したグループのほうが脂肪が10.4g多く燃えた!

体重当たり3mgのカフェインを運動前90分と運動30分後に摂取したことで、消費カロリーが増加し、脂肪も10.4g多く燃えたのである。

どうせ運動するなら、その前にカフェインを摂取しよう

カフェインは有酸素運動で燃える脂肪を増やしてくれる。

たかが10gと思うかもしれないが、1ヶ月にすれば0.3kg、3ヶ月では1kgも余分に脂肪が燃えることになる。

さらには、この方法のいいところは飲むだけとラクなこと。しかもカフェインというのはかなり安価なサプリとして販売されている。

ちなみに、カフェインは摂りすぎると”足がつる”などの副作用が生じることがあるので、摂りすぎには注意。

具体的には400mg以上のカフェインは摂取しないほうがいいだろう。

そして、カフェインは単独よりも複数のサプリと一緒に摂取するほうが、効果が倍増することが知られている。

カフェインの効果的な飲み合わせを知りたい人は以下の記事もオススメ。

代謝を上げるECAスタックの効果や理論、死の危険、改善法まで論文で解説 「とにかく少しでも早く痩せたい!」 そんな願いを叶えるべく、一昔前に流行ったのが”ECAスタック”。 スタック(=stac...
腹筋を割るにはどうすればいい?効果的なサプリや運動方法を論文で紹介 「今年の夏こそは、腹筋バキバキのモテボディを手に入れたい!」 そう思いつつも、なかなか最後の一絞りができないという人も多いのでは...

ダイエット中は『1gでも多く脂肪を燃やしたい』という人は、ぜひ有酸素運動の前後にカフェインを摂取するのがおすすめ。ぜひお試しあれ!

カフェイン, ALLMAX, 200mg, 100錠