ボディメイク

痩せるには立ち仕事!働くだけで”700kcal”も消費する立派なダイエットです

『お金をもらいながらダイエットしたい』

そんなふうに考えているなら、もしかしたら”立ち仕事”が解決策になるかもしれない。

今回は、論文から”仕事内容と消費カロリー”に関する話。

実は、1日の消費カロリーはショップ店員とオフィスワーカーでは”700kcal”も違う。立ち仕事は、ジョギングと比べてもはるかに高いダイエット効果があるのだ。

ショップ店員とオフィスワーカーは、1日の消費カロリーが"700kcal”も違う

今回紹介するの2018年の研究。(R

この研究は「仕事内容と1日の消費カロリー」について調べたもの。座りがちな仕事なのか、立ち仕事が多いのかなどで、NEAT(Non-Exercise Activity Thermogenesis:運動以外で消費するカロリーを調査した。すると、結果は以下の通り。

1番上が農業などの激しい身体活動を伴う職種、2番目がショップ店員などの基本的に立ち仕事の職種、3番目が少しは移動したりする営業マンなどで、下から2番目が座り仕事の一般的なオフィスワーカー。そして、一番下が椅子に縛り付けられているときの消費カロリーである。

まず、仕事によってNEATが大きく違うのが一目瞭然。

実際にオフィスワーカーを基準としたとき、その差はなんとショップ店員なら1日700kcal、農業や引越しなどの仕事なら1日1300kcal以上も違う。

これだけのカロリーを消費しようと思ったら、ジョギングなら何時間も走らないといけない。

仕事中は空腹を紛らわすことができる上にお金ももらえる。ダイエットをするにあたって”立ち仕事”は最強の選択肢なのである。

立ち仕事で、お金を稼ぎながらダイエットしよう

もちろん、社会人の人に対して”痩せるかどうか”、つまり”立ち仕事かどうか”だけで仕事を選ぶべきだと思わない。

しかし、アルバイトくらいだったら、座り仕事よりは立ち仕事の方が、ラクに消費カロリーを増やすことができるのでおすすめ。参考までにどうぞ。