ボディメイク

前腕を太くしたいなら筋トレはスキマ時間のグリップ運動がいいという論文

前腕を鍛えたいけど、ジムでトレーニングするのはぶっちゃけ面倒。そもそも鍛える必要があるのかもわからない、と思っているかもしれない。

今回は、論文から「前腕のトレーニング」に関する話。

実は、前腕のトレーニングはスキマ時間に何回もやっても平気なのである。。

筋トレの効果は、週何回でも変わらない!

今回紹介するのは、カナダのサスカチュワン大学による研究。(R)

被験者19人を2つのグループに分け、4週間の握力トレーニングを行ってもらった。ちなみにこの研究では片腕のみ握力トレーニングをしていて、もう片方の腕は鍛えていない。

  1. 高頻度グループ:週に5日、1日2回のトレーニングをした
  2. 低頻度グループ:週に3日、1日1回のトレーニングをした

高頻度グループは1回あたり12回、低頻度グループは1回あたり40回の握力運動を繰り返し、どちらのグループも合計ボリュームは1週間に120回となるように揃えた。

『ボリュームを揃えて頻度だけを大幅に変えたとき、筋力や筋肉の大きさに差が出るか?』を調べたところ、以下のような結果に。

まず左側の筋力だが、低頻度だろうが高頻度だろうが、鍛えていようが鍛えていまいが、どっちにしろ全ての腕が同じくらい筋力が向上している。

高頻度か低頻度かで筋力向上は変わらない。そして実は片方だけ筋トレをしても、もう片方の筋力も向上するのだが、今回の研究ではその現象もしっかりと確認された。

そして右側が筋肥大率なのだが、こちらは鍛えた腕のみが筋肥大するという結果に。ちなみいに、筋肥大に関しては鍛えていない方の腕は変化しない。

週10回と週3回というかなり頻度が違う場合であっても、どちらも同じように筋トレの効果が出るのである。

忙しい人はスキマ時間で筋トレできる?

ということで、この研究では研究者はスキマ時間でのトレーニングを推している。

高頻度プログラムは個人のスケジュールに合わせやすい。このアプローチは、トレーニングしている人にとってより実践的かもしれない。

普段の筋トレで週10回もやる気には到底なれないが、前腕トレーニングともなればグリップを適当な時間に握るだけ。

前腕を鍛えたいけど時間がない、そんな人は1日2回、空いている時間に適当にグリップを握ってみてはいかがだろうか。ぜひお試しあれ!