仕事

「就活で落ちやすい人」が研究で明らかに。こんな思考の人は要注意!

「就活なんて所詮嘘つき大会、少しでも自分をよく見せるために嘘は付くもの」

実際に、就活で100%本音を話す人はいないだろう。しかし、本当に就活で自分をよく見せるために嘘をつく必要はあるのだろうか。

今回の記事は、そんな就活の面接での嘘にまつわる話。

誰もが他人に気に入られようと嘘をついたりする。しかし、実際は相手に合わせずありのままの自分で挑んだ方が、受験者は魅力的に移ることがわかっているのである。

「相手の立場に立って考えろ」は正しいのか?

就活をするとき、もちろんその目的は相手の企業から”内定”をもらうことになる。

それでは内定をもらえる人とはどんな人なのだろうか?

多くの人は「企業が求める人物像に合致した人」と答えるだろう。

そこで、いくつかの就活サイトなんかでは「企業の求める人物像に合わせて自分をアピールしよう」などと書かれている。

例えばサービス業であれば、一人で黙々と作業をこなせる能力より、コミュニケーション能力をアピールしよう、といった具合だ。

就活に限らず、このような”相手に気に入られるように合わせる”という戦略を使うという人は多いだろう。

そして、相手に気に入られたいがために面接で”嘘”すらつくことがあるかもしれない。

「いやいや、嘘なんてつかないよ」と思うかもしれないが、志望理由でやや綺麗事すぎる台詞を並べたり、自己PRで話を少しばかり盛ってしまったことがない人はどれだけいるだろうか。

この”相手に合わせる戦略”だが、実は相手に好かれる戦略どころか相手に嫌われる戦略であることが判明しているのである。

嘘がバレる確率は54%

そもそも大前提として、面接での嘘はバレるのだろうか?

というのも、相手に好かれるために嘘をついたとして、仮にその嘘がばれてしまえば自分の信用が失墜することは目に見えている。

結論を先に言うと、嘘はバレることもあるし、バレないこともある。

当たり前のように聞こえるかもしれないが、実際は嘘がバレる確率は50:50なのがわかっている。

つまり、嘘がバレるかどうかは運次第なのである。

実際に、2006年の2万4千人を対象にした大規模研究がある。(R)

その研究によると、嘘がバレる確率は54%。

約半分の確率で嘘はバレてしまう。

これは就職においてはなかなかの博打だろう。

嘘がバレなかったらいいが、もし嘘をついていることがバレたら、確実に就活の面接は落とされるだろう。

誰だって、平然と嘘をつく”ごまかし体質”の人間と仕事をしたくない。

ここで「嘘が50%もの確率で騙し通せるなら、魅力がない自分は嘘をつくしかない」と思う人もいるかもしれない。

しかし、実際は嘘をついても、就活の面接は通りやすくなるどころか、あなたの魅力を損なうだけなのである。

それはもしも嘘がバレなかったとしても、である。

面接の就活は好感度で決まる...?

そもそも嘘をつくのは、自分が採用される確率を上げるため。

そのために、自分は有能であることを示し、失敗の経験を隠そうとする。

  • 良くない経歴を隠す
  • 企業の求める人物に合わせる
  • 面接官の好きそうな人物像に合わせる

しかし、心理学者のリチャードワイズマンは多くの就職面接の研究からあることを発見している。(R

それは「面接官は、応募者の好感度で採用の全てを決めている」ということ。

つまり、資格や職歴はさほど関係しないのである。

面接官も所詮は人間。

やはり一緒に働きたいと思えるような好感を持てる人を選ぶ傾向があったのである。

人々は嘘で作った有能なイメージによって、好感度が上がると思っているが、実際はそうではない。

もし嘘がバレたら、好感度は確実にダダ下がりするのはもちろんのこと、そもそも相手に合わせようとしている人は魅力を損なうことがわかっているのである。

魅力的な受験者になりたければ、自分に正直に話すべし

そもそも、世間では勘違いされているが、嘘など付かず自分に正直になるほうが面接官の好感度は上がる。

というのも、2020年のハーバードビジネススクールの研究で「面接官や企業の求める人物像に合わせる被験者は魅力度が下がる」ことが示されている。(R)

この実験は、就職面接の模擬試験を行ったもの。

このとき、被験者を2つのグループに分けた。

  • ケータリンググループ:相手の好みに合わせようとしたグループ
  • オーセンティックグループ:自分に正直に話したグループ

片方のグループは相手の好みに合わせるような戦略をとり、もう一方のグループは自分に正直に話してもらった。

この2つの戦略で模擬面接をしてもらい、被験者のパフォーマンスを評価したところ結果は以下のようになった。

  • 相手に合わせようとしたグループの方は、不安度が高く面接官にも魅力的でないと評価された!
  • 自分に正直に話したグループのほうが、面接でのパフォーマンスが高く、実際に採用率も高かった!
  • 相手に合わせようとしたグループは、効果がないにも関わらずこの戦略が有効だと信じていた!

つまるところ、被験者は面接官が求める人物像に合わせようとすればするほど、不安感が高く面接での評価も悪かったのである。

この研究では、世間では思われているのとは全く逆の結果になったのである。

それでは、なぜこのようなことになったのだろうか?

それは、被験者が常に「面接官に良い印象が与えられているのか?自分の答えは正解だったのか?」と不安にかられていたからである。

その結果、面接官に魅力的でない人物だというふうに評価され、実際に採用される確率も低かった。

この問題の根本には、そもそも「面接官の好みの人物像が被験者に100%把握できることは絶対にない」という問題がある。

たかだか面折の場であっただけの人間の好みなどわかるはずもない。

相手に好かれようとしたケータリング戦略をとった被験者は、何を話しても”相手に好かれているかな?”という不安から萎縮してしまい、思ったように自分をアピールできなかった。

一方で、堂々と自分の意見を言う被験者のほうは、相手に好かれているかどうかを不安に思うことはなかった。

その結果、堂々としており魅力的な被験者として映ったのである。

ちなみにここで注意点となるのが、ケータリング戦略を使ったグループが、この戦略を有効だったと報告したことである。

本人たちは相手に合わせたおかげで面接官に好かれたと思い込んでいた。

しかし、実際は相手に合わせたことで魅力的でないと判断されていたのだ。

その結果、自分に正直に話す人より魅力的でないと評価され、採用される確率も低いという結果に終わってしまったのである。

まとめ

就活の面接で嘘をついても大したメリットにならないどころか、むしろ”自分に正直に話す”ほうが魅力的に映る。

面接で正直に話すことは、実は企業側だけでなく受験者側にもメリットがある。

ちなみに、就活生だった頃、私は「2浪&1休学&院卒」という経歴だったので”27歳新卒”として就活した。

あまりに周りが若い子ばかりで少し後ろめたく思う部分もあったが、この論文を知っていたおけげで年齢なんて気にせず堂々と就活をすることができた。(そもそも年齢はどうあがいても隠せ無いが)

それでも問題なく志望企業から内定をもらうことができた。

自分の経歴に自信がなくても誤魔化す必要なんてなく、堂々と自分に正直に話して就活すれば良い。

あなたに「相手に合わせることが大事。そうすることで自分は内定をもらえた」という人がいるかもしれないが、それは全くの嘘である。

本人が効果的だと思い込んでいるだけで、ケータリング戦略には効果がない。

自分が正直に思っていることを伝えれば、入社後のミスマッチもないし、相手に合わせられているかビクビクする必要もない。

魅力的な人物に映り、内定も獲得することができるだろう。ぜひお試しあれ。

挑戦して失敗することが怖いなら、成長マインドセットを鍛えよう挑戦して失敗するのが怖い、というのは誰もが思っている感情。しかし、本当はチャレンジしてみたいという人は多いだろう。そんなとき、自分の成長に目を向けてみよう。実は論文で自己成長に目を向けるとチャレンジしやすくなるとわかっているのだ。...