人生は自分で決める方が幸せ!自分で決められない人は不幸になるワケ

  • URLをコピーしました!

「自分で意思決定をする人のほうが幸せ」

というセリフを聞いたことがある人もいるかもしれない。

一方で、自分で決定するのはどうしても怖く、誰かに決めてもらいたいと思う人もいるだろう。

それでは、どちらが実際に幸せに近づくことができるのだろうか?

ということで、今回は「幸福な意思決定はどうすればできるのか?」という話。

実は、意思決定は幸福感と密接に関わっていることがわかっているのだ。

目次

幸福を決める6つの要素

そもそも、幸福感というのはどのようにして決まるのだろうか?

1995年の研究によると、幸福感は以下の6つの要素で構成される。(R

1、自己受容:Self-acceptance

自己概念に対する満足度。自分の強みと弱みをしっかりと認識していること。

2、良好な人間関係:Positive relations with others

長期的で安定した、満足のいく社会的関係を築ける能力。

3,環境の制御:Environmental mastery

自分の趣味や嗜好に合った環境を生み出したり、選択する能力。

4,自律性:Autonomy

様々な社会的状況において、自分の個性を発揮することができる能力

5,人生の目的:Purpose in life

長期的な個人の目標を設定し、それを達成するための方法を確立することができる能力。

6,自己成長:Personal growth

自分の可能性を最大限に伸ばすための戦略を実行する能力。

この6つが人間の幸福に重要とされている要素である。

自分の強みも弱みも正しく評価して認識していることが幸福につながるのはやや意外かもしれないが、其れ以外の要素は幸福につながることがイメージしやすいだろう。

実際に、良好な人間関係に恵まれ、自分に合った環境で生活し、自分の個性を十分に発揮して、人生に目的を持ち自己成長を繰り返すヒトは幸福だろう。

それでは、この幸福に関する6つの要素を向上させるにはどうすればいいだろうか?

実は、この6つの要素の向上に”意思決定”が大きく関わっているのである。

意思決定の4つのスタイル

人生において、私たちは重要なことから些細なことまで、何度も意思決定を繰り返して生きている。

その数は下記の書籍によると3万5千回にも及ぶという研究すらあり、意思決定が私たちの幸福度に影響を及ぼすことは想像に難くないだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次